お手頃価格 送料無料 がんリスクチェッカー 女性向け【決済:代金引換不可】【キャンセル不可】-郵送検査・遺伝子検査キット

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 いまだけ!★最大P25倍★ 8/4-8/9【全国配送可】-丸形カバーグラス 12-545-100 φ18mm 300枚入 サーモフィッシャーサイエンティフィック 型番12-545-100 JAN4589488351515 aso 2-5376-02 -【医療・研究機器】

お手頃価格 送料無料 がんリスクチェッカー 女性向け【決済:代金引換不可】【キャンセル不可】-郵送検査・遺伝子検査キット!

【ふるさと納税】Excellent ニッパー爪切り H13-07


<ご注意ください>
「代金引換」はご利用いただけません。
商品の特性上、手配後のキャンセル及び返品はお受けできません。


がんリスクチェッカー

食道がん、大腸がん、子宮がん、乳がんなどの早期がんの発見をサポートします。

【検査項目】
p53抗体(早期のがんで比較的陽性が高い腫瘍マーカー)
CA15-3(乳がん)

※本検査キットは、がんを確定させ、診断できるものではありません。
あくまで、がんの発見に役立てるためのスクリーニング検査です。
診断の流れ 商品到着後、1ヶ月以内に返送して下さい
採血の手順 採血はわずかな血液でよく、手順もかんたんです
検査キットに含まれる器具 所要時間はわずか5分程度。検査結果は、携帯メールやパソコン、検査結果シートにて迅速に

■名 称
DEMECAL(デメカル)がんリスクチェッカー
■サイズ
150×105×33mm(90g)
■検査項目
p53抗体、CA15-3
■セット内容
採血セット(血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏など)、検査申込み用紙、返信用封筒
■販売元
(株)リージャー
■区分
日本製・医療用具
■特許番号
3597827号
■厚生労働省管理医療機器承認番号
21600BZZ00007000

■使用上の注意
次の方は絶対に使用しないでください
・止血能力の低下している方
・アレルギーショックのある方
・アルコール摂取直後の方
ごくまれに体質により本製品では血液検査が困難な場合があります
こちらのサービスは検査と、検査結果のみを通知するもので、病態を診断するものではありません
検査結果はあくまでも個人の責任において、自己の健康管理に役立てていただくものです。もし体調不良、健康不安がある場合は最寄の医療機関にご相談ください
器具は研究開発により若干変更される場合があります


■詳細説明

“がんリスクチェッカー 女性向け”は、「p53抗体」と、「CA15-3」を組み合わせて検査します。

「p53抗体」検査は、2007年11月に厚生労働省において大腸がん、食道がん、乳がんの診断に保険適用が認められた腫瘍マーカーです。
「CA15-3」は乳がんに特異性の高い腫瘍マーカーとして利用されています。
初期の乳がんではほとんど陽性を示しませんが、ステージが進んでいる場合、転移性乳がんの場合に陽性率が高くなります。
再発や内部転移にも反応するため、手術後の経過観察に有用です。
また、p53抗体と組み合わせることで精度が向上するとされています。

p53抗体では臓器特異性が低いこともあり、陽性時は全身のスクリーニングが必要です。
年齢・性別からある程度高発部位を推定して精密検査を行う必要があるため、結果が陽性の場合は医療機関での総合的な検査を受診されることをお勧めいたします。

血液検査だけではがんの発見・診断・部位の特定はできませんが、がんリスクのひとつの指標としては有効ですので、定期的ながん検診を受診するキッカケとしてください。

※ このキットは血液検査をおこなうもので、病気の特定や診断を行うものではありません。
※ 陰性の場合もがんを否定するものではありませんので、定期的な検査(健診の受診)をお勧めいたします。
※ 腫瘍マーカーが基準価以内の場合では、がんの可能性が低いと判断されます。ただし、がんの可能性を完全に否定できないこともあります。



送料無料。

»(もっと詳しく知る)

お手頃価格 送料無料 がんリスクチェッカー 女性向け【決済:代金引換不可】【キャンセル不可】-郵送検査・遺伝子検査キット

»(もっと詳しく)

お手頃価格 送料無料 がんリスクチェッカー 女性向け【決済:代金引換不可】【キャンセル不可】-郵送検査・遺伝子検査キット?

Debian JP Project は、 Debian Project との協力関係の下に以下のような活動を行っているボランティアで構成される任意団体です

もちろん、あなたのプロジェクトへの 参加 は大歓迎です。 詳しくは、Debian JP Project について をご覧ください。